着物の査定に関するあらゆる情報をまとめました

着物 査定

 

着物の査定ナビでは、着物の査定に関するありとあらゆる情報をまとめています。

 

着物の査定方法や査定の基準、査定の相場の情報をまとめているので是非参考にしていってください。
着物の査定に関するあらゆる情報をチェックして、着物を1円でも高く売りましょう。

 

どうせ着物を売るのなら、着物の査定ナビできちんと勉強してから査定に出しましょう。
きちんと勉強してから査定に出さないと、安く買い叩かれてしまいますよ。
ここでは着物の査定方法、基準、相場などの情報をまとめてご紹介します。
きちんと学んで、着物を少しでも高く買い取ってもらえるようにしましょうね。


着物の査定方法もいろいろあります

着物 査定

 

一口に着物の査定といっても、その方法はいろいろあります。

 

まず誰に査定してもらうかということで、その方法がわかれます。
一般的に着物を売ろうと思って査定してもらうなら、近所のリサイクルショップなどを考える人が多いかもしれませんね。
その他に質屋、呉服屋、古着買取店といったところに着物を査定してもらうことを考える方もいるかと思います。
あるいは、これは査定とはいえないかもしれませんが、着物をヤフオクなどのネットオークション、メルカリなどのフリマアプリに出品するという方法もあります。

 

ここでは着物を査定する方法として、誰に査定してもらうということで分類してご紹介します。

 

リサイクルショップに着物を査定してもらう方法

着物 査定

 

着物を査定してもらう方法として、リサイクルショップに査定してもらうという方法があります。
リサイクルショップというのは、着物に限らず、あらゆる中古品を査定して買取しています。
着物に関しても買取OKのところはあるようです。
ただし、リサイクルショップに着物を査定してもらい買い取ってもらうというのはやめておいた方がいいです。

 

というのは、リサイクルショップではまともな査定は期待出来ないからです。
ほとんどのリサイクルショップでは、着物はあまり取り扱いしておらず、着物の査定のノウハウを持っていません。
ブランドものや家電、家具などを主に取り扱いしているリサイクルショップがほとんどであり、着物に関してはあまり実績がないのが普通です。
そもそもリサイクルショップではお客さんから買い取ったものをお店で再販売することで利益を出しているわけですが、着物は買い取ってもお店でなかなか売れません。
着物を販売するルートをもっていないということになります。
リサイクルショップでは着物を査定するノウハウを持ち合わせていないし、再販売するルートもないため、買取価格は期待できないということです。

 

質屋や古着買取店に着物を査定してもらう

着物 査定

 

同様な理由で、質屋や古着買取店に着物を査定してもらうという方法もおすすめできません。
大黒屋などの質屋、セカンドストリートなどの古着買取店では、やはり着物の査定ノウハウは持ち合わせていません。
そもそも大黒屋などの質屋というのは、ブランド物や貴金属・ジュエリー類を取り扱う質屋さんです。
ブランド物は貴金属ジュエリーを査定して、その査定金額内でお金を貸してくれるところです。
もちろん買い取りもしていますが、着物は取り扱いしてないようです。
古着買取店といえば、セカンドストリートやジャンブルストアが有名ですが、こちらも残念ながら着物は取り扱いしていません。
着物の査定してもらうところとして、大黒屋などの質屋、セカンドストリートなどの古着買取店を考える人もいるかもしれませんが、そもそも着物は取り扱いしておらず、着物の査定ノウハウは持ち合わせていないのです。
こういったところで着物の査定ノウハウを持っていないため、高価買取は期待できないし、そもそも買取不可のところも多いので注意しましょう。

 

オークションに出品して査定してもらう

着物 査定

 

これは査定とはいえないかもしれませんが、オークションに出品して着物を売るという方法もあります。
ヤフオクなどのネットオークション、あるいはメルカリなどのフリマアプリに着物を出品すると言う方法です。
これは査定してもらえるわけではありませんが、中古市場に出品することで、全国の人から入札が入り適正な価格で落札されるわけなので、ある意味、査定といえるものになっています。
誰かに査定してもらうわけではないですが、適正な価格で売れる可能性は高い方法といえます。

 

ただし、出品作業が面倒くさかったり、個人情報を明かしてやり取りしないといけないなど、オークションやフリマならではのデメリットがあるといえます。
また、有名作家ものの着物として出品した場合、万が一、それが偽物であった場合にトラブルに発展する可能性も考えられます。
わざとではなくても、偽物を出品することは犯罪行為に問われる危険性もあります。
ネットだけではきちんとした鑑定も出来ないため、その着物が偽物か本物かどうかはなかなか判断は難しいところといえます。
結果として、ネット上のオークションやフリマだけでは、正確な査定はできないと考えておいたほうがよいです。
やっぱり、着物をきちんと査定するためには、写真や商品名などのデータだけではなく、実際に着物を1点ずつ手にとって丁寧に査定することが必要になってくるようです。

 

呉服屋さんに着物を査定してもらう

着物 査定

 

着物を査定してもらうなら、やはり専門の呉服屋さんに査定してもらうのが一番です。
呉服屋というのは着物を専門的に取り扱いしているお店です。
といっても、中古のリサイクル着物を取り扱いしている呉服屋さんでないと着物は査定してもらえません。
リサイクル着物を専門的に取り扱いしているお店はいくつかあるようです。

 

例えば、たんす屋といったリユース着物の専門店であれば着物の査定をしてもらえるようです。
こういった呉服屋さんであれば着物を専門的に取り扱いしていることもあり、査定のノウハウが蓄積しています。
また、買い取った着物を転売するルートも持っているため、着物の高額査定も期待できます。
ただ、近所にこういった呉服屋さんや着物買取の専門店がないという方は利用しづらいかもしれません。

 

ネット上の着物買取サイトに査定してもらう

着物 査定

 

>>スピード買取jpについて詳しくはこちら

 

そこでおすすめなのがネット上の着物買取サイトによる査定です。
実は、インターネット上に着物の査定をしてくれる着物買取サイトというのが複数あります。

 

有名なところでいえば、スピード買取.jpや買取プレミアム、ヤマトク、久屋といった着物買取サイトがあります。
スピード買取.jpについては、最近では坂上忍さんのCMもよくやっているので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

こういった着物買取サイトであれば、着物を専門的に買い取りしているため、着物の査定ノウハウが蓄積しています。
数万点の着物の査定実績があり、データベースに査定データを蓄積しているため、適正な査定ができるということです。
また、こういった着物買取サイトでは、買い取った着物を独自のオークションに出品したり、リユース市場に転売したりと転売ルートを確保しているわけです。
最近は着物というのは外国人の間でもちょっとしたブームになっているのですが、こういった着物買取サイトでは、外国で着物を売ることが出来るルートも持っていたりします。
そのため、着物買取サイトでは、着物の高価買取が期待できるというわけです。

 

あまり知られていませんが、実は着物って高く売れるらしく、日本全国の家庭内に眠っている着物というのは、数兆円規模の価値があるといわれているのだとか。
そのため、着物買取サイトは積極的にCMなどの広告をだして、着物をどんどん買取していっているそうですよ。
このように着物を高く売りたいなら、着物買取サイトに査定してもらうのがよいといえます。

 

 


着物の査定におすすめな着物買取サイトランキング

着物の査定の基準とは

 

着物の査定の基準を知っておくことは、着物を高く売るためにも重要です。
着物の査定基準というのは、主に品種やサイズ、着物の状態、流行、作家などがあります。

 

ここでは着物の査定にといて大事な基準を一つずつご紹介していきます

 

品種:正絹の着物かどうか

着物 査定

 

着物の査定基準で一番大事なポイントとして品種があります。
品種というのは、着物が何で織られたものかということです。

 

一口に着物と言っても、いろいろな種類のものがあります。
絹で出来たもの、綿や麻で出来たもの、最近ではウールや化学繊維で出来た着物もあります。
一般に、昔から呉服屋さんで扱っていた着物というのは絹で出来たものです。
100%の絹で織られた着物は正絹(しょうけん)といわれ、着物の中でも最高級のものになります。
「呉服」と言った場合には、正絹の着物のことを指す場合がほとんどです。

 

一方、綿や麻で織られた着物は、昔は「太物」といわれて、「呉服」とは区別されてきました。
呉服屋さんで扱う着物は正絹の着物であり、綿や麻で織られた着物は庶民のものであり、「太物商」で取り扱いされていました。

 

着物の査定の一番のポイントとしては、その着物が正絹の着物かどうかということです。
正絹の着物であれば高額査定が期待出来ますが、綿や麻の着物の場合は、そんなに高額査定は期待できないことが多いようです。
ウールや化学繊維の着物の場合、そもそも買取不可ということも多いのだとか。
正絹の着物であれば査定も期待できるものの、それ以外の着物の場合、あまり査定は期待出来ないというのが実情のようです。
着物の査定の基準で一番大事なポイントとしては、その着物が正絹であるかどうかということです。

 

サイズ:丈が長いほうが高額査定

着物 査定

 

着物の査定基準の2つ目のポイントとしては、着物の丈です。
一般的に、丈が長い着物の方が査定は高いといわれています。

 

これは単純に丈が長いほうが需要があるからです。
丈の長い着物は、幅広い体型の人でも着ることが出来るため、人気があるんです。
また、大は小を兼ねるといったように、丈の長い着物であれば着物のお直しやリメイクもしやすいということもあります。
同じような着物であれば、丈の長い着物の方が高く売れます。
着物の査定の基準として、着物の丈の長さはかならずチェックしておきましょう。

 

着物の状態

着物 査定

着物の査定の基準としては、当然ながら着物の状態もあります。
ボロボロの汚い着物よりも、きれいに保管されていた着物の方が高額査定が期待できます。
また、着物というのは古い着物よりも新しい着物の方が査定は高くなります。

 

一般的に、購入から10年以内の着物であれば高額査定も期待できるのですが、購入してから10年以上経過した着物だと、査定は一気に安くなるといわれています。
着物を高く売りたいなら、売ろうと思ったときにすぐ売ってしまうのがポイントといえます。

 

また、着物の状態はきれいな状態のほうがよいのですが、査定を高くするために、わざわざ着物の染み抜きやクリーニングに出すのはやめておいた方がいいようです。
というのは、着物買取サイトであれば、着物の染み抜きやクリーニングはかならずおこなうため、その料金をふくめて査定しているからです。
せっかく自分で染み抜きやクリーニングをしたとしても、その分、査定が高くなるということはないようです。
着物買取サイトでは、買い取った着物については必ずクリーニングを行うため、クリーニングしているからといって査定が高くはならないのだとか。
とはいえ、染み抜きやクリーニングは不要といっても、最低限の保存状態には気をつけて査定に出すようにしましょう。

 

流行

 

着物の査定の基準には流行もあります。
その時に流行っている柄とか、色なども着物の査定には影響してきます。
着物を高く売りたいなら、流行なども気にして、査定に出すタイミングを見計らった方がいいかもしれません。

 

有名作家もの、伝統工芸品

着物 査定

 

着物の査定の基準として、有名作家ものかどうか、伝統工芸品かどうかも重要です。
やはり、有名作家の着物であったり、京都の西陣といった伝統工芸品の着物であれば、当然ながら査定も高くなります。
高く買った着物というのは、査定も高くなるということです。
ただ、有名作家のものであることを証明する証紙などがあるかも重要となっています。
証紙などがない場合、いくら有名作家ものの着物と言っても査定がでないということもあります。
有名作家ものの着物、伝統工芸品の着物の場合は、証紙などもそろえた上で査定に出すようにしましょう。


着物の査定の相場はどれぐらいか

着物の査定の相場はどれぐらいかをまとめてみました。

 

まず第一に、着物の査定の基準のところでも説明したように、そもそも正絹の着物かどうかが一番大事なポイントとなります。
正絹の着物であれば高額査定も期待出来ますが、逆に言えば正絹の着物でない場合は査定額はあまり期待できないということになります。
着物の査定の相場についても、結局は、着物の状態や流行、サイズなどで変わってくるため、一概にはいえません。
結局、着物の正確な査定をするためには、1品ずつ手にとってみないと査定は出せないというのが実情のようです。
また、有名作家ものや伝統工芸品の着物であれば、1点数十万円の高額査定が出ることも珍しくないのだとか。
こういった基準で着物の査定額は大きく変わってしまうため、着物の査定の平均的な相場というのは出しにくいそうです。

 

この前提のもと、着物の査定の平均的な相場を調べてみたところ、正絹の着物であれば、訪問着や振袖といった格の高い着物であれば数万円の査定。
一方、付け下げや小紋といった少し格の低い着物であれば、数千円ぐらいの査定になることが一般的みたいですね。
これは正絹の着物の場合の査定相場であって、化学繊維やウールの着物の場合は、そもそも査定がつかないということも多いようです。

 

着物って高く売れるとはいうものの、高額査定が出る着物と、査定がつかない着物の差がはげしいようです。
でも、どうせ高く売れないと思っていた着物の中に、意外と有名作家ものの着物や、伝統工芸品の着物が混じっていて、査定に出してみたら数十万円の値がついてびっくり!なんてことも多いそうです。
実際、着物買取サイトの買い取り実績をチェックしてみると、数十万円の査定がついたという例は結構多いみたいです。

 

着物買取サイトでは、完全無料で査定してくれて、しかも買取キャンセルしてもお金は一切かかりません。
つまり、査定のみでもOKというところがほとんどです。
査定のみでもOKなら、とりあえず着物買取サイトに査定してもらうというのもアリですよね。
ということで、着物を売りたいなら、とりあえず着物買取サイトの無料査定に出してみてください。

着物の査定におすすめな着物買取サイトランキングはこちら